2017年12月23日

PC2300440001
檜原村方面の林道を散歩してきた。今日は10時出発と少し遅め。最初は5時に目覚ましをセットしたが、余りに眠く、また寒く、そして、今日はさほど遠くに行くわけでもないのでゆっくりめの出発でも問題ない。諸々の事情で布団から出る気が起こらず、次に目が覚めると8時半だった。
スタートは遅かったが、それでも朝は寒く、山間の日陰エリアでは霜が降りて凍結している。路面には融雪剤がばらまかれバイクやヘルメットのバイザーが汚れまくり。

PC2300440001e
あきる野市の五日市あたりから檜原村方面へ。まずは鋸山林道を目指す。

PC2300470002
川沿いの急な斜面というかほとんど崖のようなところに小屋が。なんのための小屋なのか。また、そこまでどうやって行くのか。


続きを読む

horiemon_id at 21:34コメント(0)バイク 

2017年12月16日

PC1600270001
先月由比どんぶりが売り切れで食べられなかったのが心残りで。開店直後に行けば大丈夫だろうと再訪してきた。今日は敢えての下道オンリー。4時起き5時出発で。ルートはR246ひたすら西へ。その後R1とぶつかったら今度はR1を西へ。今日は寒いとの予報だったが、外にでると思ったほどでもなく。だが、R246を走っているとところによっては非常に寒い地域もあり。そういう気温差を体感できるのもバイクならでは。

PC1600040002
で、由比漁港到着。ただ今8:30。浜のかきあげやのOPENは10時。さてどうしよう? 正直途中で「あ、これは早く着きすぎてしまうな」と予想し、コンビニでトイレ休憩&軽食を摂ったり。ガソリンスタンドで給油して、その後タイヤの空気圧をチェックしたり。遅いトラックの後ろをのんびり走ったり。可能な限り引き延ばしたが、それでも到着はこの時間。つまり休憩など途中ストップがなく、流れに合わせた走りをしていれば2時間半程度でここまで来られるということか。

ま、ともかくここにいてもしょうがないので、少し近所を走ってくることに。

続きを読む

horiemon_id at 19:33コメント(0)バイク 

2017年12月10日

DSCN36150001
MBPが壊れた。最初はソフト的なクラッシュかと思ったが、どうもハードウェア障害のような気がしてきた。
発端はセキュリティアップデート。これの適用のため再起動をかけたところOSが立ち上がってこなくなる。で、PRAMリセット他できそうな対処はすべて取り。その結果、にっちもさっちもいかないとなり。最後の手段でOS入れ直しを決意。まあ上書きインストールであればデータは残るし。
と思って実施したところが上の画像。この状態ではスクリーンキャプチャーを取りようがないので画面をデジカメで撮るというアナログな手法。まあこの通りエラーが出てOSの入れ直しもできない状態。数世代前からMacOSはメディアの提供がなくすべてダウンロードでの適用となる。なので、「復旧サーバに接続できませんでした。」とエラーが出た時点で詰み。

まあ実のところ自分、MBP購入2年目でHDD→SSDへの換装を行っていて。なのでその時のHDDに戻し仮復旧。(OSはLIONだった)で、SSDをUSB接続したところ、「このバージョンでは扱えません」とエラー。やむなく旧HDDもHigh Sierraにアップデート。物凄く時間がかかった。やっぱりSSDって早かったんだなと実感。で、High SierraにしたところSSDを認識し、データの吸出しはなんとか完了。

で、あとは前と同じくSSDをフォーマットしてディスクユーティリで「復旧」機能を使ってHDD→SSDへのクローニングを行おうとしたところまたまたエラーで停止。何をやってもダメ。最初はHDDとSSDでファイルシステムが違うからいけないのかと思ったけど。どうもそうではなく。そもそもSSDへの書き込み自体ができない感じ。なので、OSがクラッシュしたわけでなく、SSDの個体障害の疑い濃厚。

ま、というわけで土日まるまる2日かけてなんとかHDDで今までの環境を構築しなおし。一応仮復旧は終わったかなと。しかしHDD、全体に動きが遅い。起動も遅いし、ソフトのインストールも遅い。なんだったらWebサイトを見ても遅い。ページを読み込むたびにHDDがカリカリいっているし。こういう音意外と気になるんですよ。やっぱりSSDは快適だったんだなあと改めて思う。

このMBPは2010-midなのでもう7年使っている。基本、Webとメールがメインなので、CPUパワー的には全く不足なし。メインメモリも8GBに増設しているので動作も良好。なのだが、バッテリーはもう死んでいるし、こうしてSSDも壊れたし。流石にそろそろ買い替え時かな。今度買い替えるとしたらノートはやめてmac miniにしようと考えていたのだけど。mac miniはここ3年まったくアップデートされていないし、ティム・クックの発言からどうも近々新型の発表がありそうだし。ということで不便ではあるものの、新型mac miniが出るまでは今のMBPをだましだまし使っていく予定。



horiemon_id at 22:00コメント(0)デジモノ系 
DSCN36010001
VENTURAのラック破断。これ2回目。
前に折れたのもこっち側だったなあ。

メーカーでは500km走行ごとに緩みがないか確認、としているが。走行の振動でどうしてもネジの緩みがでてくるので、もっと短いスパンでチェックした方がいい。実は前回破断が起きたときはそのチェックを疎かにしていて。で、ネジ緩む→ガタつきがでる→振動が大きくなり応力がかかり破断、かなあと仮説を立てていて。
2本目のこれはそれを反省に、こまめにチェックしては増し締めを行っていたのだが。

DSCN36030002
破断面アップ。
これを見るに、ネジの締め付けが強すぎ許容量以上の圧がかかって破断、って感じなんですよね。まあ結局自分が悪い、のか? つまり、長持ちさせるためには
 ・頻繁に緩みがないかチェック
 ・ただし締め付けすぎは厳禁
と結構シビアな管理が求められるとうことでしょうか。
もしくは消耗品と割り切り、2年ごとに交換した方がいいのかも。確かフラットラックは6,000円くらいでそこまで高価ではなかったし。

ちなみにこれ、CBR1000RRを売却する際、原状回復しようとラックを解体したときに判明した。なのでどのくらい前からこの状態だったのか不明。なぜだかわからないけどガタつきはなかったんだよな。かるく手で揺する程度でなく、完全にラックを引き抜いて確認したほうがいいのかも。



horiemon_id at 12:22コメント(0)バイクバイク用品 

2017年12月03日

DSCN36120002
2013年に新車で購入し、およそ5年間ともに走った相棒と別れを告げてきた。走行距離は29,000kmだった。
手放した理由として、
 ・バイクで行ってみたいと思うところはだいたい行くことができた
   ※有休をまったく取れない部署に異動になってしまって以降、宿泊前提のツーリングは諦め
 ・3万キロ近く乗り、このバイクに満足した
 ・5年間という期間を共に走り、「大型バイクに乗ってみたい」という望みを十分達することができた
等々、言い訳は幾つか上げることができるけど、まあぶっちゃけ一番の理由は「経済的な事由」です。そもそも貧困層の自分にバイク2台持ちは贅沢過ぎた。車に比べ安いとはいえ毎年の税金、任意保険、2年に一度の車検。これらの出費が地味に痛い。そして乗っていれば、フロントフォークのオーバーホール、タイヤ交換、チェーン、スプロケ交換、スパークプラグ交換と、次々と部品交換が必要となっていく。それらの出費に耐えられる経済的体力がないというか、ある程度このバイクに満足、満腹した今の自分にとって、生活費を抑えてでもバイクのメンテ・維持費用にお金をまわそうというモチベーションがもうなく。で、来月は車検だし任意保険の更新もある。ということで手放す決意をした。まあ実のところその決断を下したのは今年の春先だったのだけど。で、夏くらいまでには最後の思い出つくりとして土日1泊で群馬栃木旅行をして手放そうと思っていたのだけど。天候不順等々で群馬栃木方面へのツーリングが延びに延びて、さらには車検証の紛失に気づいたりして、結局年末まで引っ張ってしまった。


DSCN36060001
てことでホントのホントのラストランということで、近所をちょこっと走ってきた。

ここで少し振り返り。
タイヤ交換は一度だけ。19,500kmでミシュランのPR3に交換。
DSCN36100004

DSCN36090003
交換したミシュランのパイロットロード3でおよそ10,000km走った状態がこれ。溝減りませんな。このバイクに5年も乗っていたのに一向に上達せずアマリングくっきり。

ブレーキパッドの交換はなし。といっても流石にそろそろ交換タイミングだけど。基本郊外ないしは高速道路一気乗りだからか、ブレーキパッドはあまり減らない。

プラグ交換もしていない。

前後左右のウインカー、ヘッドライト、テールランプなどの灯火類交換もなし。まあヘッドライトは新車納車時にハイ・ローともHIDに変えたし、テールランプはもとからLEDなので球切れはない。ウインカーランプって長持ちなんだなと。

バッテリーはエンジンが始動しなくなったため、2017年4月、乗り始めからおよそ4年で交換。

フロントフォークは25,000km時点でオイル漏れが発生しシール類交換。

ドライブチェーン、スプロケの交換は未実施。

だいたいこんな感じ。今後も乗り続けるとすれば、色々不具合もでて各所部品交換が必要になってくると思われるが。5年以内に手放すのであればそんなにお金のかからないバイクだと思う。

バイク自身は非常にいいバイクだし、走っていると気持ちいい。んが、下手くそなまま上達しない自分には過ぎたバイクだし、乗車姿勢の面でもあまり優しいバイクではない。とりあえずCRF250Lはまだ手元に残してあるので、しばらくはバイクの卒業はない。といっても1年後、2年後はどうなるかわからないけど。


最後に売却について。
バイクランドさんに売って、買い取り額は350,000円。左右に転倒してカウルに傷あり、30,000km近い走行距離、オフシーズンの冬、等々考えればまずまず妥当な額かなと。もちろん交渉上手な人ならもっといい条件を引き出せたのだろうけど。
ちなみにその前にバイク王さんに持ち込んだ時は70万~65万との回答。だったらバイク王に売るべきじゃん、という話なのだけど。これ、おそらくかなり適当ざっくりな金額を言っただけかと。自分が最初に「複数社で比較したいので見積もりだけお願いします」と言ったので、「あ、こいつ本気じゃないな」と思われてざっくり見積もりを出してきたんだと思う。最初にお店の人が「うちは見積もり長いですよ? いいですか?」と言ったわりには15分程度で終わり、「あれ? 全然長くないじゃん」て感じだったから、あまり詳細にチェックしなかったのだろうなと。で、「じゃあ売ります!」と言ったら、じゃあ詳細に確認しますとなって、「あ、ここに傷がありますね」「こっちにも傷が」「タイヤがもう寿命」等々理由を挙げて結局バイクランドさんと同じくらいの金額になるのだろうなと。なぜならば、電話査定とかWeb査定でもないのに、なぜか70万~65万という幅のある回答だったので。

バイクランドさんでは現金をその場で受け渡し。現金授受は嫌なので口座振込にできないかと聞いたところ、「それはできません」と拒否されてしまった。
電話オペレーターの人「車検証がなくても大丈夫です」と言っていたが、実際に来た査定士さんは、「車検証がないと形式、距離が確認できないのでダメですね」と言っていた。どっちやねん。
タイヤが2年以上前のものなので、溝が残っていても寿命なので、売るときには新品タイヤに交換となる。その費用分マイナスと言われたが。これほんとかしら。メーカー推奨2年というのは疑わないけど(*)、中古バイクって古いタイヤがそのままついて売っているイメージなのだけど。
まあ幾つか思うところはあったけど、まずまず納得がいったのでよし。ただもちろん、経済的に余裕があれば、大して乗らなくなったとしても手元に残して置きたいバイクだったのだけど。
 *調べたらミシュランはタイヤ寿命10年をうたっているじゃねーか。しれっと嘘つかれた。まあ知識のない自分がアホだから騙されただけだけど
 
※※任意保険について追記
任意保険の期限は来年1月まで。代理店に言えば幾らか返金があるのは知っていたが、まあ微々たる金額だし別にいいやと放置。期限が来て自然消滅だろうと思っていたのだが。任意保険は停止の連絡をしないと、期限が来ると自動更新されるそうだ。(自分は口座引き落としにしている)CRF250Lの方の任意保険の更新をしたときに判明。「だからそういった場合は必ず連絡してください」と言われてしまった。自分が世間知らずなだけなのだろうが、だったら毎年こうして保険更新の手続きをしているのは何だったんだと思ってしまった。



horiemon_id at 13:55コメント(0)バイク 

2017年11月28日

PB2800040001
運輸局に行ってきた。
先日CBR1000RRの車検証をなくしていることに気が付く。車検証のない車両を運転してはいけないわけだし、車検証がないと車検も受けられない。まあ自分の場合は売却しようと思って書類関係をチェックしていて気が付いたわけだが。

車検証の再交付は代理申請が可能で、バイクの買い取りでは業者が代理で取得するので、車検証がなくても買い取りを行うケースが多い。らしい。のだが、自分が持っていったお店(バイクを買った夢店)では、「車検証のない車両は買い取れません」と拒否されてしまい。

で、車検証の再交付について調べてみると意外と簡単そう。「平日限定」というのが勤め人には最大のネックだが、それさえクリアできれば300円で再交付可能。これも一つ経験かな、とも考え。本日午前半休を取得し運輸局に行ってきた。

申請は簡単。様々な申請ごとに記入例が掲げられているので、それを見て必要な書類をラックから取り、見本を見て記入するだけ。一番引っかかったのは印紙購入。となりの建物で印紙(300円)を買うのだが、窓口で「すみません、300円の印紙をください」 (係の人)「何用ですか」 「え、あの300円の印紙をひとつ。。。」 (係の人)「申請によって印紙が違うので(イラッ)」 「あ、そうなんですか。車検証の再交付です」 とそんなやり取りをして購入。どうも『300円の印紙』といっても複数種類があり、申請ごとに使うものが異なるようだ。いやー知らなかった。
 
あとは書類(2種)を窓口に提出し、理由欄に「紛失のため 見つかり次第返納」と記載して終わり。座って待てと言われたが、それからものの1分か2分で再交付された。早い早い。もう「お役所仕事」とはいえませんね。

と言うことで、再交付は意外なほど簡単で時間もかからなかった。平日に時間が取れるなら自分で申請するのがお勧め。まあそれ以前に紛失しないのがベストなのだけど。

最後に申請に必要なもの、情報。
 ・ナンバープレートの番号 『相模 い xx-xx』など
 ・認印
 ・身分証明書(免許証など)
 ・印紙代(300円)
これだけ。バイクの形式番号とか重量とか車体番号とかそういった情報が必要なのかなと用意していたのだけど。そういった情報を記入する必要はなく、ナンバープレートの情報だけでよかった。



horiemon_id at 10:52コメント(0)バイク 

2017年11月25日

PB2500400001
最近はめっきり寒くなり。空気が澄んで富士山がすっきり拝める季節になってまいりました。
当初は4時起き5時出発を目論んでいたが。今日もやはり寝るのが遅くなり1時。4時起きだと睡眠時間を3時間しかとれない。また、最近は寒くなってきていて、夜明け前はキツい。そして、5時出発だと目的のところがまだ開いていない時間に到着してしまうかもしれない。と諸々勘案の上、1時間遅らせて6時出発に。が、これが間違い。やはり当初の予定通り5時出発とするべきだった。

なんだかんだで出発は6:15。既に車が増え道は混み始めている。これにより各所でちまちまと進まず。遅れがどんどん拡大していった。1時間違うとこんなに交通量が違うのか。

PB2500400001a
伊豆方面に向かうとき、いつも東名高速沿いの道を使っている。そこまでの新経路を。例によって道を間違ってみたり、戻ろうとすると進行方向に太陽があり前を見られない。というか信号と太陽が重なって信号がまったく見えなかった。冬は太陽の角度が鋭角だから怖い。こっちの道は信号ストップもそれなりで、普段の道とくらべさほどメリットは感じられなかった。

あとは箱根を上り。少しだけ寄り道して伊豆スカイライン方面へ。
PB2500010002
眼下には三島の街が。

続きを読む

horiemon_id at 17:04コメント(0)バイク 
記事検索
livedoor プロフィール