2011年07月

2011年07月31日

通常休日、というか家ではラノベは読まないけど、これはあと数十ページで読み終わるところだったから、録画したTVを流し見しつつ読んだ。

■俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
DSCN03970001
著:裕時悠示(ゆうじゆうじ)
イラスト:るろお
レーベル:GA文庫

まあまあってところか。作者の裕時悠示さんて、2ちゃんねらーだかVIPPERだかなんでしたっけ。だから当然2chネタはあるだろうと予想はしていた。つか、レネシクルで傾向はだいたい掴んでいたし。
ライトノベルらしく、テンポよくサクサク読める。ギャグもそこそこ笑えるし、悪くないのでは? ま、続きとか全然気になりませんが。
ヒロインの一人、夏川さんがジョジョ好きという設定なので、ちょいちょいジョジョネタが出てくる。ジョジョ好きでパロディ好きの自分としては、これだけでお腹いっぱいかな。
章間のバカテストならぬモテカワテストで、夏川サマーリバーさんが全てジョジョネタで返していたのがツボった。
ラストの、割と印象的なところのキスシーン、ここでジョジョネタかよと。さすがに裕時悠示さんもジョジョ知らない読者には意味不明になると思ったか、登場人物にジョジョネタだとネタばらしさせてましたけど。まあその後のドロ水で口を洗えとかはジョジョ読んでいる人じゃないとわからないだろうな。

イラストはかわいくていいな。
DSCN04020002
お肉大好きチワワちゃん。こういうデフォルメキャラが上手いな。



そういや本作にもあったけど、「完全下校時間」とはなんぞや? 完全下校時間があるなら、不完全下校時間とか事前下校時間とか予備下校時間とかもあるんかいな? 「昇降口」と併せ、北海道人の自分には馴染みのない言葉だな。



あ、それと「ブクログ」と「読書メーター」、どちらも退会した。”読書管理”という使途ではどちらも用をなさないから。会員登録していなくても読書レビューは見られるみたいだし。他人の感想は、自分では気付かなかったこと、自分とは違う視点で読んでいたりして、結構面白いのでそれが見られればいいやと。

ついでに、退会用のボタンなんだけど、ほんとわかり辛いよな。サイトの造りが。
DSCN04020003
これは読書メーターの退会用ボタン。プロフィール編集画面の一番下に小さくある。入会用のリンクは目立つところにあるくせに、退会用のリンクはパッと見てわからないように設置してあるんだよな。これは読書メーターに限ったことじゃなくて、大概のWebサービスに共通して言えることなんだけど。
逆に退会用のリンクがわかり易い場所に置いてあるサイトは、きちんとした理念を持って運営しているサービスだと判断できる。


DSCN04020004
ついでだから、ブクログの退会用のボタン。
こちらも同じく設定編集画面に入らないといけないけど、読書メーターに比べればまだわかりやすいから、幾分マシかな。


horiemon_id at 13:00コメント(1)トラックバック(0)ラノベ 

2011年07月29日

久々に読んだな、ラノベ。
最近は電車内でラノベを読む余裕がなかなかなくてなー。

■おとーさんといっしょ! 少女とメガネとハイペリオン
DSC008720001
著:中谷栄太(なかたに えいた)
イラスト:シコルスキー
レーベル:GA文庫
第3回GA文庫対象奨励賞受賞作

これはつまらん作品だった。すごく退屈。読むのに時間が掛かったのは、話が退屈だからってのもあると思う。
タイトルからホームコメディかと思ったんだけどな。
珪素生物とそれが使う超能力的な力、原型(アーキタイプ)の設定は細かいところまでよく考えているなーと思った。そのへん読み飛ばしたけど。だって細かい設定をタラタラ説明されても、いちいち覚えて理解すのも面倒くさいし、つかそれ、この物語の上で設定を知っているいないはそんなに重要でもないでしょ? この作品の売りは、原型の細かい設定じゃないよね?
ただ、物語を通してキーとなるのは父と子、姉と妹といった家族愛、姉妹愛みたいなもので、それが凄くわかりやすいのは良い。
ちなみにサブタイトルにもある「ハイペリオン」とは作中で『高みを行くもの』と説明されている。うひょー、中二くさくてかっこいい! 何語なのこれ?

そしてイラストのシコルスキーさんだけど、この人も相変わらずだよな。
表紙だけ見ると可愛らしい絵なんだけど、表情とか動きとかの表現が壊滅的。
DSC008740002
挿絵とかこんな感じ。
オーラのなさっぷりに、逆にオーラを感じるわ。
自分が読んだ中で、シコルスキーさんがイラストを手がけた作品はカンピオーネかな。あの頃からまったく絵が進歩していないというかなんというか。


horiemon_id at 19:18コメント(0)トラックバック(0)ラノベ 

2011年07月23日

今回のソロツー、最終目的は長野県の佐久市だったのだけど、途中ですってんころりんとバイクで転倒したので、秩父辺りで泣きながら戻って来ましたよと。


転んだ話は順にということで、まずは出発前の給油&前回燃費。
今回の給油は7.95L。トリップは244.6kmを指しているので、燃費は約30km/L。前回は渋滞に捉まっていた時間が比較的少なかったからかな。まあ満タン法なので誤差はそれなりに大きいと思うけど。


本日の予定ルート。R16を北上→入間でR299に乗り換え→長野に入ったら県道45→県道93。だったんだけど、転倒の為途中で引き返しと残念な結果に。


DSCN03360001
今日は初っ端から迷子。いきなりルート見失う。どこだここは? どうも本来通るはずだった道をかなり通り過ぎたらしい。信号ごとに交差点名とか青看板は注意して見ていたはずなのですが。

その後なんとかR299に乗るも、またしても飯能駅近辺でルート消失。おかしいな、標識どおりに右左折したハズなのだが。

DSCN03370002
迷いに迷って、トイレを借りに立ち寄ったコンビニから。目の前の建物は駿河台大学らしい。ホントどこなんだここは。

DSCN03380003
もう1時間くらいこの辺りをウロウロしている気がする。距離にして10km位は余計に走っているような。「道に迷うのもまた楽し」な自分ですが、いい加減本来のルートに復帰したい。つか、こんなに方向音痴だったかな~。
まあ迷った原因の一つは、トイレに行きたかったからってのもある。最初に目に付いたコンビニにはトイレがなくて、「そうだ、駅ならトイレがあるだろう」と駅に向かうも駐輪スペースがなく断念。どこか他にコンビニはないか!? と探し回っていたら道に迷ったと。しかし、バイクに乗ると妙にトイレが近くなるな。今回はコンビニ、道の駅含め、4回くらいトイレ休憩したかな。前回、前々回もそうだった。車を運転しているときは、トイレが我慢できなくてコンビニを探すなんて経験、した覚えがないんだけど。あ、ちなみに大きい方じゃないですよ。ハラは弱くないので。

DSCN03400004
そんなこんなで、なんとかR299に復帰。今ネットの地図で確認すると、間違いだと思って引き返した道は、実は合っていたらしい。なんだ? 紙の地図が間違っている? つか自分が使っている地図古いからな。確認したら2000年出版だった。最新の地図じゃないから、こういう事もあるか。
続きを読む

horiemon_id at 22:12コメント(0)トラックバック(0)バイク 

2011年07月17日

バイクの訓練と慣らしを兼ねた日帰りツーリング。
つか、ツーリングと言っていいのか? ただ乗っていただけだけど。

出発前にガソリン給油。5.6Lと。レギュラー仕様ということもあり、1000円しない。安いなぁ。車のときは、どこかに出かけるたびにガソリン代だけで4000円以上だったからな。
現在のトリップは154kmなので、計算すると燃費は27.5km/L。ちょっと微妙。VTRはリッター30kmくらい走るという話しだし、ましてや慣らし中で回転数も4000以下に抑えているのに。リッター35kmくらい行くと思ったのになぁ。前回行程のほとんどが渋滞路だったのが影響しているのか?


本日の行程を軽く。
R246で御殿場まで→富士山スカイライン→白糸の滝→田貫湖→R139→R138で富士山を時計回りにぐるっと→山中湖を経て、R413を抜け戻る。

まずはR246。
DSCN01730001
R246、めっちゃ走りやすかった。R129と分岐するまではいつも通りの渋滞で、すり抜け自粛中の自分は「ああ、今日も厳しい戦いになるな」と思っていたのですが。そこを抜けたら交通量もぐっと落ちてスイスイ。こんなに走りやすいなら、またちょいちょい使っちゃおうかな。車のときは「R246=渋滞」と思い込んでいて、常に東名高速に乗っていたからな。

DSCN01740002
休憩で立ち寄った、道の駅ふじおやま。ここは車でも一度来たことあるな。

DSCN01760003
天然水的なものもあるらしい。

DSCN01780004
駐車場から1枚。あの雲の向こうに富士山があると思われる。
お腹も空いてきたのでレストランを覗いてみたけど、”ここならでは”というメニューが見当たらなかったのでパス。

ここの駐車場では自分以外のVTRを2台見かけた。ライダーは女性だった。色はどちらもシルバー。VTR乗っているオッサンはやはり少ないのか?
続きを読む

horiemon_id at 23:30コメント(0)トラックバック(0)バイク 

2011年07月11日

まあ、ついでだから車の売却とバイク購入について少し触れておこうかと。

車は新車で手に入れ、3年3ヶ月ほど乗って、今年6月に手放した。
もう手放したから明らかにするけど、乗っていたのはランサーエボリューションX。手放した主な理由は全然乗らなかったから。手放した時のオドメーターは9700km。これ、車としては極端に少ない部類。買ったばかりの頃は「所有しているだけで幸せ」だったけど、だんだん「維持に掛かる負担」の方が自分の中で大きくなり、6月に高速の土日1000円がなくなった時に売却を決めた。今以上に乗らなくなると思ったから。

車って、動かさないでいるのもそれはそれで機械的には悪影響だし、ランエボは「前え前え」と行きたがる車だから、自分が持っているより元気に使ってくれる別のオーナーさんに乗られた方が、車にとっても幸せだろうと。


で、売却について。
買取専門店は2店ほど回った。
まず最初は、「ウサギのマスコット」の某チェーン店。
理由は近所にあったから。接客態度とかも悪くないし、感触は悪くない。で、買取査定をしてもらった後、金額提示前に「いくら位をお考えです?」と聞いてくる。何なんだろうな、これ。昔原付を売ったときもそうだったな。買取店てどこもこうなの?
で、「まあ○○○位でしょうかね」と適当に答えると、「う~ん、そうですね。当店ではそれプラス20万円までなら頑張れます」との事。いや、アンタ今こっちの提示額聞いてからその金額だしたんじゃねーの? というかすかな疑念が湧く。
まあ最初から数店回るつもりだったので、その事を伝えこの店は退去。

次の買取店に向かいます。
続きを読む

horiemon_id at 20:18コメント(0)トラックバック(0)バイクその他 
記事検索
livedoor プロフィール