2014年01月

2014年01月25日

DSCN27730003
2013年1月に納車されたCBR1000RR。ちょうど1年経過という事で、お店へ1年点検に出してきた。
走行距離はこの1年で10,000km強。よく走ったものだ。四輪に乗っていたときなんて、3年で3,300kmしか乗らなかったのに。
しかし1万キロか。コンスタントにリッター20kmの燃費を叩き出したとして、燃料代は10000/20*160=80000円。(ハイオク1Lあたり160円で計算)
ふむ。ガス代だけでこれ程とは。世間一般の尺度で照らし合わせれば、疑いの余地もなく貧困層である自分にしては、ちょっと趣味にお金を使い過ぎたかもしれない。

で、点検費用ですが。
今回はオイルフィルターの交換もしてもらって、しめて26,000円くらい。結構するなぁ。四輪の時も半年ごとにディーラーで点検受けていたけど、毎回16,000円くらいだった気がする。
まあ、時間がない、知識がない、工具もないの、ないない尽くしの自分としてはプロに頼むほかない訳で、納得の上ではありますが。

で、意外とブレーキとかタイヤはよく持つんだなーと。
 ↓フロントブレーキ
DSCN27640004

 ↓リアブレーキ
DSCN27700005
お店の人によると、ブレーキパッドの厚さは元々4mmで、今3mmは残っているのでまだまだ交換は不要ですよと。
一度走りに行くと、ダストでホイールがドロドロになるので、さぞかしブレーキパッドも磨耗していることだろうと思っていたんですけどね。これは意外でした。

同様にタイヤもまだまだ使える。
 ↓リアタイヤ
DSCN27710006
全然減っていない。アマリングは言わずもがな。

 ↓フロントタイヤ
DSCN27720007
フロントも当然減っていない。

お店の人いわく、「峠をガンガン走る人なんかだと、もっと早く交換時期が来るんですけどね」と。
自分のような、高速道路や郊外の道など、ストップ&ゴーの少ない走りメインだと、タイヤもブレーキも全然減らないみたい。
今どきのタイヤは、センター部分は耐摩耗性に優れたコンパウンドを使っていますしね。
「この調子だと、25,000kmくらいまでは交換不要じゃないでしょうか」との事。
タイヤとかブレーキとか、消耗品が長持ちなのは嬉しい誤算です。

結局この1年で左右合わせて5回くらい立ちコケてるし、外装の慣らしも充分。
今年も無事故・無違反で楽しいバイク生活を送れますように。
この時期、単純な寒さよりも路面凍結が怖くて出かける気が起きない。早く暖かくならないかなぁ。


horiemon_id at 23:30コメント(2)トラックバック(0)バイク 

2014年01月12日

レトルトカレーのうち、主にアンテナショップや道の駅などで買えるその地域の特色を出したカレー。
お値段高めのものが多い。最近ではこういった地域特産系のレトルトカレーを扱うスーパーも増えてきた。


■金沢カレー
DSCN33990001
メーカー:佃食品株式会社
価格:548円
内容量:200g
熱量:192 kcal
辛さ:-(メーカー値)/超甘口(自己値)

わりとドロ系のソース。具は特大サイズ肉×1、大サイズ肉×1、中サイズ肉×1。ほかタマネギ少々。ソースは甘口で薄味。カレーらしい香りやスパイス感は一切感じられない。肉は大きく柔らかく、へんな臭みもなくおいしい。とにかくソースが残念で、それで全体の評価を大きく下げている。

続きを読む

horiemon_id at 19:11コメント(0)トラックバック(0)コンビニ・ジャンクレトルトカレー 

2014年01月02日

DSCN26970001
マルキンの生バウム。
お値段298円。
100gあたり395kcal。
ダイエーのプライベートブランドとして売られているマルキンのバウムクーヘンが美味しかったので、これも試してみた。
うん。これも美味しい。おそらくスーパーで買えるバウムクーヘンとしてはトップクラスの美味しさじゃないかな。300円以下の部なら間違いなくNo1。
味的には、ふんわりしつつもしっかりとバウムクーヘンらしい密度感のある生地。そしてしっかりとした甘さ。これ重要。昨今のおしゃれな店のバウムクーヘンは全然甘くない。普通に生地の味しかしない。お菓子なのに甘くないってなんなの?
これはしっかりとした甘さがあってよい。かといってしつこくもないし。感覚的にはダイエーPB品よりこっちの方が美味しい。


horiemon_id at 22:26コメント(0)トラックバック(0)コンビニ・ジャンクバウムクーヘン 
記事検索
livedoor プロフィール