2016年04月02日

【散歩】鷲宮神社とりっくんランド

DSC029980001
前から訪れようと思っていた鷲宮神社にいってきた。
まだまだ花粉が厳しくバイクに乗れない日々が続く。しかし折角の休日だしどこかに行きたい。電車でいける場所でどこかないか。
昨年秋に関東総鎮護の大山阿夫利神社を攻略した。ならば次は関東最古の神社といわれる鷲宮神社だろうと。
家から電車に揺られること2時間強。東武鷲宮駅から徒歩5分かそこらで到着と。

DSC030440002
駐車場情報。自分は電車で来たけど。結構広い無料の駐車場があるので、車やバイクでの参拝も安心。
 


DSC029950003
宮前橋。駅から鷲宮神社までの途中にある。
土手に咲く菜の花と橋を撮りたかったのだが。自分のセンスのなさと腕ではしょっぱい画になって終り。しかし勝手に柵を乗り越えて土手に入るわけにもいかないし。どうすりゃ上手く撮れるのだろう。


DSC030010004
参道。桜が咲いている。
今日は曇り空でうれしい。写真がヘタクソな自分は、曇りの方がごまかしが効いてありがたい。
日差しが強いと陰影が濃くなりすぎて飛んだりツブれたりで。自分の腕だと上手く撮れないので、曇りの方がよっぽどありがたかったりする。

DSC030050005
カラープロファイルを変えて桜をさくら色っぽく撮ってみたの図。見比べると全体に赤っぽくていじっているのがバレバレだな。

DSC030070006
本当は背景をもっとボケさせて、幹の黒さで桜を引きたてようと目論んだが。
最大開放なのにこれ以上ボケねえ。

DSC030090007
まあレンズを被写体に近づければそりゃボケるんだけどさ。それだと構図も変わっちゃうし。
単焦点を使うしかないのか? しかし単焦点だと画角が。

DSC030120008
これも背景をボカして全体にピンク色の背景になることを狙ったのだが。
思ったよりボケず結果はこんなもの。APS-C機の限界か、などと自分の未熟な腕をたなあげして道具のせいにしてみる。

DSC030150009
ニワトリがいた。結構大きくてもっさもさ。

DSC030170010
クジャクもいた。詳しくないけどクジャクだよね?

DSC030190011
力石。試したがまったく持ち上げられない。おかしい。現代日本人は江戸時代とくらべ高たんぱくな食事を摂り、体格もあきらかによくなっているはずなのに。江戸時代の人間に持ち上げられたものが現代日本人にできないなどあっていいのか?

DSC030200012
舞台。

DSC030230013
拝殿。

DSC030180014
そして本殿。なぜか2つある。祭神がニ柱かと思えば三柱。
だったら本殿も三つあるのがスジなんじゃないですかねえ。

DSC030360016
光天之池(みひかりの池)

DSC030380017

DSC030390018

DSC030480021
狛犬さんと

DSC030470019
獅子さん

鷲宮神社はこれでおしまい。

DSC030500022
このあとは郷土資料館へ。図書館の二階の一角が郷土資料館となっている。
鷲宮神社の前の道を10分歩くか歩かないか。
そんなに広くはないが資料は充実。大きな太刀の展示などもあった。できればもっと地域性の強い風習、文化、食べ物などの展示があればよかった。じっくり見ているとあと1時間くらいは居座れそうだったが、この後の予定もあるのでほどほどで切り上げ。

DSC030510023
郷土資料館から駅に戻る途中。
川沿いの土手に菜の花が咲き誇っていた。

DSC030550036
背景をボカして、画いっぱいを黄色くしたかったのだが。
どうもうまくいかない。構図にセンスがないな。


鷲宮駅から幾つか電車を乗り継いで次の目的地へ。
朝霞駅から徒歩15分くらい。
DSC030600027
朝霞市もとい和光市もとい実は東京都練馬区らしい、陸上自衛隊の広報センター。通称りっくんランド。守りたい人がいる!
ここって練馬区なのか。朝霞駐屯地じゃないのか。でも公式サイトに東京都練馬区ってかいてあるものなあ。

この日朝霞駐屯地ではたまたま「桜まつり」なるものが開催されており。間違って基地内部に入ってしまったのはご愛嬌。

係りの人に聞くと撮影自由とのことなので少し撮ってきた。
DSC030610028
これがうわさの20mmか。
大きさ比較にiPhone6と。
でかい。マジか。弾丸が親指くらいの太さ。こんなので撃たれたら人間なんてバラバラになるでホンマ。20mmなんて1円玉と同サイズやろが、と思っていたけど。こうしてみると想像以上。

DSC030620029
ヘリって大きいのねえ。ローターブレードって結構幅があるのねえ。落下傘ってこんな大きいのね。

DSC030630030
90式戦車(の試作機と書いてあったか)も大きい。テレビや写真以外で戦車を見たのは初めて。戦車ってこんなに巨大なものだったのか。履帯も広い。
何もかもが大きく迫力満点。やっぱりこういうの実際に見てみないとわからないものですね。百聞は一見にしかずとはよくいったもの。

DSC030640031
背嚢やら落下傘(の入ったリュック)やボディーアーマーの試着コーナー。背嚢は重いと聞いていたから驚かなかったが、落下傘が思いのほかの重量。そしてボディーアーマーがまた重い。このくらい重ければ流石に小銃くらいは防げて欲しい。でもwikiをみると追加でプレートを入れれば小銃を防げるとかいてあったから、展示のものだと拳銃弾くらいしか防げないのかも。こんなに重いのに小銃で撃たれると抜かれちゃうのかよ。

DSC030670031


DSC030680032
みんな大好き10式先輩。
これはカッコイイ。さすが新型。エッジの効いたデザインで未来感がある。ゲームや漫画などで出てくる架空の戦車みたい。

DSC030730032

DSC030770034

DSC030760033
装輪装甲車は一本タイヤがパンクしていた。
北朝鮮とかロシアなら老朽化してこういうのがありそうなイメージだが。日本の自衛隊もおちゃめだなあ。

このへんで終り。
他にも迷彩服の貸し出しをしていたりヘリのシミュレーターがあったり。タッチパネル式の情報端末は近隣諸国の軍事的脅威などの情報もあり。敵に上陸されたらこう迎撃します、というような情報があったが、大規模な戦力に上陸されている時点で敵に航空優勢をとられているとイコールなわけで。そうなってから戦車で出動しても、上から叩かれて終わるのではと素人ながらに思うのだが。
まあそれはさておき、じっくり見て回ると1日潰せそうなくらい展示物は充実していた。
小さな子連れのファミリーが多数いて、逆にミリオタっぽい人はほとんど見なかったな。
 
帰りは妙に早く帰れた。東部東上線って副都心線直通なのね。そして地下鉄線内も快速なのね。これは便利だなあ。この辺に住むのもよさそうだなあ。
 

horiemon_id at 22:47コメント(0)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール