2017年06月03日

【バイク】浜名湖と竜ヶ岩洞~方広寺 そしてR1の旅(5回目)【CBR1000RR】

P60301410001
本当は泊りでどこかに行きたかったが。天気予報では明日の日曜日も晴れ予報だが、ちょっと大気の状態が不安定だと言っているし。出先で雨に降られたくないので日帰りプランで。先週フロントフォークのメンテが終わったCBR1000RRのシェイクダウンも兼ねて。

ずっと気になっていた浜松市の竜ヶ岩洞の見学に。ついでなので少し浜名湖も見て。どうせなら放置されていたルート1の旅も進めてみようかと。

P60300040002
ということでまずはR1の旅。R1を起点の日本橋から終点の梅田新道まで行こうという企画。ただし一気走破ではなく、区間区間に区切ってののんびりチャレンジ。
前回は2015/1/10に静岡市の『二軒家』の交差点まで来てサスペンド。今回はここからレジュームとなる。今日は3時起き4時出発で。ここに到着時点で6時20分。出発時、家の近くの道路脇の温度計は13度の表示。寒い。で、ここまで来てだいぶ気温も上がってきて19度。暑くなってくる前にと中の一枚脱いだら寒かった。そしてトイレに行きたい! ということで目に付いたコンビニに駆け込んだが。そのすぐ先に道の駅やパーキングエリアがあって、無理にコンビニに入ることもなかった。

P60301490090dd
今回はかなり進んだ。100km以上走ったかと。R1はほとんどの区間がバイパス化されており、一気に進むことが出来る。ただ流れが速すぎて怖い。周りの車、普通に100km/hくらい出している。バイパスだけど一般道でしょここ。バイパス化されていない区間では信号ごとに止まりノロノロ。

P60300080003
そんなこんなで、浜名湖のファミリーマートで今回は終了。次回はここから再開、と言いたいところだが、十中八九、この続きをチャレンジする機会はないだろうな。残念至極。



P60300100004
ついでに少し浜名湖見学。そうそう、この鳥居が見たかった。バックの橋って国1バイパスだったのか。

P60300160005
なお、弁天島海浜公園の駐車場はバイク無料。

P60300170006
入るときは左端の路肩(?)部分からすすっと入ればOK。

P60300170006s
その後は竜ヶ岩洞に向かうべく、県道<323>で北上。湖にかかる橋を走ったり、湖畔の道だったり。ロケーションもよく、交通量も少なく快適に走れた。

P60300210007
竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)。読めない。もとは採石場だった場所。

P60300190006
駐輪場。無料だが鍾乳洞の入場料は1,000円とややお高い。

P60300200007
駐車場も広い。

P60300230008
『日本一の顔ハメ』があるらしいので行ってみる。そもそも『顔ハメ』ってなんだ?

P60300220009
で、これがあった。あ、なるほど『顔ハメ』って観光地によくある顔だけ出すパネルのことか。しかし日本一ってどういうこと? 種類が豊富なのかと思ったがこれ一つしかなかったし。

P60300260011
鍾乳洞に入るとすぐ、コウモリのケージがある。コウモリって傘そっくりだなあ。コウモリ傘とはよく言ったものだ。

P60300280012
というのはウソ。本物のコウモリはこんな感じ。

P60300290020
観光鍾乳洞だけあって、足元はしっかりコンクリで固めてあるし広いし明るい。

P60300340014

P60300310013

P60300350016

P60300460017
エイリアンの巣みたい。
で、ゆっくりと眺めつつ写真撮りつついると。どやどやと団体さんがやってくる。自分はゆっくりと見て回りたいので、団体さんが通り過ぎるまで待とうと止まっていると。後から後から人がどんどんやってくる。しばらく待っていたが、一向に人が途切れる気配がないので諦めて団体さんに交じって進むことに。後で駐車場で見たが、観光バス3台で乗り付けていた。ざっと100人近くいたのかなあ。どうもどこかの会社の慰安旅行とかの類のようだった。しかしこんな大人数の団体さんとカチ合うとは。ほんと運がないな。

P6030051000017
団体さんが来て渋滞になりまったく進まないの図。てことで途中から写真もろくに撮れずに終わり。


さて、竜ヶ岩洞のあとはどうしようかなと。時間が早ければR362で山の中を走って静岡市まで戻ろうかなとプランを立てていたが。団体さんに巻き込まれたためちょっと時間が押してしまった。日が沈む前に帰りたいし、そうるとR362のプランはボツか。どうも近くに大きなお寺さんがあるようなのでそちらに行くことに変更。

P60301090021
方広寺。

P60301320022
道沿いに『無料駐車場』とあったのでここか? とバイクを停めたが。方広寺まで結構な距離を歩くし、このころには気温も上がっていて歩くと汗をかくし。しかもお寺の近くにはきちんと無料の駐車場があるし。やっぱり下調べしないとだめだね。今回は出先で急に予定を変えたからな。

P60300550023

P60300600024
P60300610025

P60300620027

P60300640028

P60300650029

P60300680030

P60300730031

P60300740032

P60300800033

P60300810035
この頃、日陰で26度。日の当たる場所だと29度超え。暑い。

P60300840036

P60300850037

P60300900038

P60300920039

P60300970041

P60300940040

P60301000042

P60301010043

P60301050044

P60301100045

P60301130047

P60301180049

P60301300050
方広寺、自分的には大満足。建物の大きさとしてそこそこだけど。敷地が広く見どころがたくさんあり楽しい。

さて、時間も頃合い。そろそろ帰るか。しかし「ツーリング」として考えると、東名高速と国道1号を走っただけで少し味気ない。浜名湖の湖周道路はなかなかだったが距離が短かったし。もう一本どこか走りたい。できれば帰り道方向で。と地図を見ると「オレンジロード」と書かれた道がある。気まぐれに走るにはうってつけじゃないか(意味不明)。よし、ここに行こう。

P60301300050q
竜ヶ岩洞からほど近く。

P60301340051
入口近辺には特に『奥浜名オレンジロード』の看板はない。しいて言えば「大田山野営場」の看板が目印か。

P60301370052
奥浜名オレンジロードは二車線で路面状態も良好。アップダウンも少なくタイトなカーブもなく。落石がゴロゴロしている林道だったらどうしようと不安だったが、杞憂に終わった。まあ数台すれ違ったバイクがどれも大型オンロードだったし、うち1台はヒザを擦らんばかりに攻めた走りをしていたので。その時点で路面状態はいいのだろうなと予想していた。
道幅も広いし傾斜もなだらか。交通量は少なく適度にコーナーもあるので、「ちょっとスポーツ走行したい」という地元の人たちの定番ルートになってるのかも知れない。自分は初めて走る道なので安全第一。スローインファストアウトに徹して走ってきましよ。

P60301380053

P60301440054
途中見晴らしのいい場所も。

P60301440054r
県道<308>に出ておしまい。なかなかいい道だった。
このあとはお馴染みのHMS浜名湖方面に向かい、途中からはHMS浜名湖に行っていたときと同じルートで東名高速浜松西ICへ。後は東名高速で一路自宅へ。

P60301490090d
尻やら背中やらが辛くなって途中富士川SAで休憩。以前HMS浜名湖に行っていたころは、1日講習を受けて、東名を休憩なしノンストップで帰ったこともあったのに。今は体がキツくてとても無理。やっぱり歳なのか。
今日は往路では上り下りそれぞれでパトカーに捕まってる車がいた。帰りは見なかったな。ただ、フラフラと路肩を走り出す今にも事故りそうな車に、往路・復路でそれぞれ遭遇した。


いつものリザルト
P60301500060
走行距離:526.3km

P60301510061
平均燃費:22.9km/L

P60301520063
消費燃料:22.7L


■おまけ
方広寺の近くで買ったお土産
DSCN35350065
大あんまき(450円)

DSCN35360066
中身はこんな感じ。サイズ的には縦の長さが500mlペットボトルくらい。バイクなので持って帰るまでに揺れやらバンクなどであんこがはみ出してしまった。

DSCN35370067
横からみるとこんな感じ。こしあんがぎっしり。あんこ好きにはたまらん。味はどら焼きの生地であんこを包んだもの、と想像してもらえばよいかと。



horiemon_id at 21:35コメント(0)トラックバック(0)バイク  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール