2017年12月30日

【バイク】2017年走り納め_檜原村_小菅村_大月市の林道【CRF250L】

PC3000640001
2017年最後のツーリング。前回の檜原村林道ツーでR411に通り抜け出来なかったため諦めたプランをひっくるめて、小菅村、大月市と幾つか林道を通ってきた。
今日は5時起きで出発。自宅近くの温度計は-2度表示。ただまあ、完全冬装備なのでさほど身に応えるほどでの寒さでもない。んが、檜原村というか、ざっくり奥多摩方面の寒さは別格。ものすごく寒い。グリップヒーター全開でも寒さで指先が痺れる痛さ。そりゃ自分以外他にバイクがいないわけだ。足の指先も寒さで痛いし。冷え性の自分には厳しい気候。もう早朝出発は無理な季節だな。

PC3000640001q
てことで、まずは檜原村の浅間林道へ。

PC3000010002
猟友会とか? 軽トラに犬のケージを乗せた人たちがたくさんいた。今日はここ以外の林道でも同様の人たちを多く見かけた。



PC3000060003

PC3000040002
急斜度だが路面はクリーン。だが、後半はダートになる。

PC3000100003
”峠の茶屋”の前は絶景。山の中にもチラホラと人工物がみえるのが日本らしくてよい。

PC3000120005
で、下りになって少しするとダートになる。でもカッチリと固くならされているので安心して通行できる。「舗装工事中」とのことだったので、いずれ綺麗に舗装されるでしょう。
以上、浅間林道。

このあとは奥多摩周遊道路を抜けR139へ。
PC3000120005r

PC3000160006
小菅村の棚沢今川林道。

PC3000170007
最初はガッタガタにヒビ割れたコンクリ敷きの道。ただ路面はクリーン。んが、ここも後半はダートになる。

PC3000220008
路面が凍っている部分があった。ほんと寒い。ただこれ、凍結しているのは自分の進まない分岐の先の道なので、自分には影響なし。

PC3000240009
その先進むとダートになる。ただ、非常に固く締まったダートなのでイージーに通り抜けられた。

その後はR411に抜け、大菩薩ラインで山梨方面へ向かう。
PC3000250009w

PC3000250009
林道泉水横手山線へ。まあGPSログがすべてを物語っているが。

PC3000270010
少し進むとゲートで通行止め。

PC3000290011
2018年3月16日で工事が終わるらしいので楽しみに待つか。その頃は花粉症でバイクに乗れないから、再訪はゴールデンウィークくらいかな。

PC3000310013
その近くによさげなダート路があった。が、今はやめておく。年末のこの時期、万一アクシデントがあったとき、偶然通りかかった誰かに助けを求める、なんてことがほぼ期待できないし。

林道泉水横手山線が通行止めだったので、前から気になっていた柳沢峠に行くことに。R411を山梨方面に進む。
PC3000320015

PC3000350016
途中の川。川の水って凍るのか。

PC3000360017

PC3000370017
柳沢峠からは富士山が望めた。あとは来た道を戻る。

PC3000410018
大菩薩ラインの峠近辺は所々路面凍結あり。正直途中で引き返そうかと思った。車の走行ラインをなぞれば何とかなるが、一部には建物の陰でブラックアイスバーン状になっているところもあり、ズルッとして怖い思いもした。でも自分を追い越していった大型二輪さんや対向のセローさんはこういった凍結路を難なくクリアしていったんだよなあ。すごいなあ。

あとは来た道を戻って道の駅こすげへ。
PC3000440019
と思ったが、途中でよさげなダート路を発見したので進んでみる。林道コアラシ線。

PC3000470020
非常に固く締まったダート路なので不安なく走ることができる。途中水たまり等もなく、バイクが汚れないのもうれしい。

PC3000490021
で、コアラシ線走りきり。で、ここはどこだとタブレットの地図でGPSをON。

PC3000500021e
現在地が道からずれた場所に表示されるので、最初GPS情報がずれているのかと思った。そうではなく、コアラシ線が地図に載っていないため、道でも何でもない山の中にいるように表示されていただけだった。

このあと道の駅こすげへ向かおうと県道<508>を走っていると大型オンロードとすれ違う。あれ? でもこの先って行き止まりだよね? オフ車なら林道アタックかなと思うけど、大型のオンロードだし。たまにこういうことあるんだよなあ。それで気になって確かめにいくも、何もないことがわかって終わる。

まあとにかく、その後は道の駅こすげで休憩して、そのままR139を大月方面へ下り。
PC3000500021u

PC3000500021
県道<511>浅川瀬戸線を探索。この道、地図で見ると行き止まり。以前NC750Xさんがこの道に入っていくのを見かけて。例えば眺めのいい場所かなにかあるのか? と気になったので。

PC3000530022
んが、突き当りまで行ったがとくにこれといってなし。うん、知ってた。何もないということを確認できたのが収穫。
ぱぱっとピストンして戻り、次へ。

PC3000540023
前にこの道を通ったとき、この「小和田入口」の看板が気になったので。わざわざ看板を出すくらいだから、ねえ?

PC3000560024
でまあ、進んでみると結構集落があり。こういった山間の集落お馴染みのせっまい狭い道が。『せまい道はしり隊』の自分としては大満足。

PC3000580025
で、この道を西へ西へと進むと、林道奥山線となり。

PC3000600026
この奥山線がまたひでえ道で。全面舗装林道だが、ごらんの通り落ち葉落ち枝が路面に厚く堆積していて、それはもう荒れ放題。

PC3000620027
一部にはこんな風に落ち葉で路面が侵食されている箇所も。これ、最初は土砂崩れかと思った。んが、踏んづけてみると足がずぶずぶと沈み込み、全部落ち葉とわかった。

PC3000650028
富士山景勝地なるところもあった。

PC3000670029
確かに富士山が見える。時間的に逆光なのが残念なところ。

で、峠部を越え下り道になり。
PC3000690030
路面凍結でコケそうになる。「あ、凍結している!」と気が付いた時にはブレーキが間に合わず氷の上に突入。ズルッと滑りとっさに足を着き。そのまま偶然うまいことアスファルトの上に軟着陸して事なきを得た。絶対コケたと思った。コケなかったのは運が良かっただけ。しかし林道怖いな。こんなトラップがあるとは。もう昼過ぎて気温も上がってきたし、標高的にも大菩薩ラインや小菅より下だからと油断していた。ほんと気を付けないと。そこからはゆっくりゆっくり。幸いなことにそれ以降路面凍結はなかった。

PC3000710031
その後ずんずん進むと、今度は遅能戸線へ。

PC3000720032
ただ、今回は直ぐにそこから分岐する別の林道、道橋倉線に行く。

PC3000730033
ということで林道道橋倉線。

PC3000760034
暗くて狭いよくある林道。全面舗装で路面はそこそこクリーン。

PC3000760034t
ということで林道を走破し、最後は真木の交差点でR20に合流。このあとは素直にR20を使って帰ってきた。なんだかんだ、今日もたっぷり林道三昧の一日だった。



リザルト
PC3000770035
走行距離:272.5km
消費燃料:7.77L
平均燃費:35.0km/L

PC3000780036
ODOは18,323km



horiemon_id at 20:24コメント(0)バイク  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

おさーん

月別アーカイブ