2018年02月11日

【バイク】一年点検やってきて_ひょっとしてオイル交換って重要?【CRF250L】

お店から法定点検の案内が来ていたので、今日メンテを受けてきた。で、毎回メンテ後に思う、「あれ? なんかエンジンが軽く回っていない?」と。点検を受けた後は排気音からして軽快になっているんですよね。
年一回の法定点検では、部品全バラしてグリスアップして再組付け、なんてしないから、点検後にエンジンが軽く回るならその理由はオイル交換しかないだろうと。

自分、オイル交換は年に一度、定期点検のときにしかしていないんですよね。オイルメーカーなんかは3,000kmごとに交換とか言っているけど、それって沢山オイルを売りたいから言っているだけ。実際そんなに劣化しないでしょ! とたかを括っていたのだけど。

でも実際、こういったことにかなり鈍感な自分ですらその差に気が付くのだから、オイル交換の効果は確実にあるのだろうなあと。

点検後に感じた差異
・エンジンの始動が良くなった。キュルっと一発でかかる
・加速がよくなった。明らかに点検前よりスロットルのレスポンスがいい
・ギアチェンジが軽くスコスコと軽快になった
・エンジン音、排気音が軽やかに

まあこんな感じ。やっぱり一年経つとオイルもそれなりに劣化しているのだろう。ということでこれからは半年に一度くらいはオイル交換しようかなと。メンテナンススタンドを持っていないので自分ではオイル交換できないし、いちいち予約してショップまで持っていくのがかなり面倒だけど。
ちなみにこれ、CBR1000RRに乗っていたときはそこまで差を感じなかった。大型バイクだとエンジンにパワーがあるから、オイル交換してもその差を感じにくいのだろう。アンダーパワー気味な250のバイクこそ、オイル交換が重要というか、その恩恵を感じられると思う。


それと、今回『ブレーキフルードが汚れている』との事でこれの交換もしてもらった。ブレーキに関することはまったなし。問題があれば(問題になりそうな予兆でも)即対応ですよ。前ブレーキは結構エアもたまっていたとの事。点検後にブレーキを握ってみたらカッチリとした抵抗感のあるタッチに変わっていた。点検前は、握ったとき『ぐに~』としたフィーリングだったんだよな。こういうのって、急激に変化すればわかるけど、時間を掛けてゆっくりと変化していくから気が付きにくいんだよね。そうか、あれがエアが入った時の感覚なのか。覚えたぞ。



horiemon_id at 20:55コメント(0)バイク  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

おさーん

月別アーカイブ