2018年05月06日

【バイク】TPでゆく_中央道~上信越道の旅_day2【CRF250L】

IMG_11880001
二輪車ツーリングプランでの山梨~信州めぐり2日目。
ホテルでたっぷり8時間寝たので体も快調。前回静岡での一泊と違い、とくにホテル泊で体調を崩すこともなく。4時半にはホテルをチェックアウト。荷物を積み込んだり濡らしたティッシュでミラーを拭いたり諸々準備して。5時すぎには出発と。

IMG_11880001a
今日はそんなにあちこち行かず、GWの帰宅渋滞が始まる前にとっとと帰る予定。
まずは小諸の布引観音へ。「牛に引かれて善光寺」の牛伝説のお寺。
 


IMG_11750002

IMG_11740003

IMG_11720004
ホテルから30分かそこらで布引観音到着。
駐車場で気温計測。およそ6度。やっぱり朝は寒い。でも日中は気温が上がって夏日になるんだよなあ。

IMG_11760004
布引観音、ネットで色々調べたが、参拝時間がいつかわからなかった。なのでこんな早朝に着いて大丈夫か不安な部分もあったが。土浦ナンバーの軽から降りてきたご老人がスタスタを参道を登って行ったので「あ、大丈夫そうだな」と自分も続く。結果から言うと、布引観音は特段門などで閉ざされることはないので、いつ訪れても大丈夫。極端な話、24時間いつ行っても大丈夫。まあ真夜中に足場の悪く特に照明もない参道を歩く人はいないだろうけど。

IMG_11820006
参道は登山道のようなかなり険しい登り。「これはしんどいぞ」と思ったもの。途中滝だのなんだの、看板で案内がある度足を止めて見ていると。案外疲れもせず、汗もかかず息も上がることなく、意外とイージーに登ることができた。駐車場の案内板には「徒歩20分」となっていたが、写真を撮りながらのんびり登ったけど15分かそこらだった。

IMG_11780005

IMG_11840006

IMG_11830007
牛岩。たぶん黒い部分。右側が頭で、地に伏した牛の姿が? 自分の曇った眼ではよくわからんな。

IMG_11860008

IMG_11880001
懸崖造の観音堂。重機類が使える現代はともかく、創建当時はどうやって作ったのだろう。あの大きな柱をこの登山道みたいな参道を運んだのか。いや、それは無理だろう。近くの適当な木を切り倒して柱としたのか。どやってあの岩の上に柱を乗せたのか。そもそもなぜこんなところに寺を作るのか。眺めていると色々考えてしまう。

IMG_11930008
なお、実のところお寺までは車道があり、車で来ることも可能。まあお寺の方にも生活がありますからね。駐車スペースはないので、やっぱり参拝客は下の駐車場から参道を登ってくるのが正しいのだろう。

IMG_11970008

IMG_12010010
こういう岩にへばりつくような建物、千葉のお寺でも見たな。

IMG_12040010
岩山の中ほどに祠のようなものが見える。

IMG_12050011
引きだとこんな感じ。だから誰があんなすごいところに設置しようと考えるんだ。どうやってあそこに行くのだろう。上からラぺリングするのかしら?

IMG_12060012
お牛さま、こんなところにいらっしゃったんですか。

IMG_12090013
完全に岩にめり込んでいるお堂。作ってからはめ込んだのかしら。

IMG_12120013
トンネル的なところ。身長172cmの自分がギリギリかがまずに通れるくらいの高さはある。

IMG_12140016
観音堂から足元を。ひえぇぇっ、高い。

IMG_12150017
本堂を望む。

IMG_12220018
参道で倒れている木。

IMG_12270019
一見倒木のようで、枝の先の方は青々と葉が茂っているからしっかり生きているらしい。

IMG_12210020
根元は岩に引っかかっているだけのようで、何かの拍子に落っこちそう。でも根を張っていないと水を吸い上げられないだろうし。どうなっているんだろ。
そんなところで布引観音を後にする。

さて、この先どうしよう。当初は小諸ICから上信越道で松井田妙義まで行って横川の釜めしで朝ごはんのつもりだったが。まだ6時半。1時間とかからずに着いてしまうぞ。そうするとお店の開店時間まで暇を持て余す。また、布引観音で写真を撮っていると、カメラのバッテリーが突如として3目盛り→目盛りゼロで赤点滅に。二週間前の静岡一泊、先日の伊豆バガテル公園、昨日と一切バッテリーを充電せずに使っていたが。さすがにこれだけ写真を撮るとバッテリーもなくなるか。しかしまいったなー。こんなことならホテルで充電するんだった。目盛りが3つからまったく減らないから、「なんてバッテリーが長持ちするカメラなんだ!」と油断して充電しなかったんだよな。ということで、時間が余ること、カメラのバッテリーが切れたことからマクドナルドで休憩することに。
マクドナルドで休憩しつつバッテリーを充電していると大家族がやってきて。その大家族のなかの小僧が一人、ずーっと自分のことをガン見してくる。目と目が合っているのに一切視線をそらすことなくガン見。たまにこういうヤツいるけど、この現象一体なんなの?

マクドナルドで30分ほど休憩して出発。
IMG_12300020
小諸を離れる前に一箇所だけ立ち寄り。光岳寺。
小諸城から移築したという足柄門。

IMG_12330021

IMG_12350024

IMG_12360025
あとは下道で横川に向かう。
小諸、宿場町だからか、蔵があるような古い建物が多くいい雰囲気の町だった。

IMG_12360025u
R18はバイパスとの分岐手前から渋滞。分岐を過ぎたあとも中軽井沢駅手前から渋滞。まだ結構朝早いのになんでこんなに車多いの? みんな一体どこに向かっているの? 当初は早く着きすぎるかと心配していたのに、なんだかんだでむしろ遅れて到着しそう。んが、中軽井沢駅を過ぎたあとは渋滞もなく、横川のおぎのやに到着してみれば、開店時間ぴったりの9時だった。

IMG_12400026
小諸からは「浅間サンライン」なる道で軽井沢方面に向かう。当初まったく車がいなかったので「降りて写真を撮ろう」と思ったら、その瞬間から切れ間なく車列が続き。5分以上も動けなかった。このみち、四輪が恐ろしい勢いで飛ばしており。まあ地元車がこれだけ飛ばすということは取り締まりはないのだろうと安心して自分も流れに乗る。

IMG_12440027
そんなこんなで、開店時間の9時ちょうど、横川駅前のおぎのや本店に到着。

IMG_12430026
特に駐車場がなさそうだったので、以前丸山変電所を訪れたときに利用した無料の町営駐車場を使う。徒歩3分の距離だしね。
あとでお店の人に駐車場を聞いたら「駅前の駐車場が空いていればそこに停めて大丈夫」「鉄道文化むらの駐車場でもいいよ、別に怒られないから」とのことでした。ほーん、そんな感じなんだ。なんだかユルくていいなあ。
IMG_12600030
駅前の駐車場。朝9時にしてほぼ満車状態。

IMG_12570028

IMG_12590029
そしてご存知、横川の釜めし。注文して即出てきたから作り置きなんだろうな。流石に注文してから炊き始めるとかないか。それでも「駅弁大会」なんかで買って、家に持って帰って食べるとすっかり冷めてしまっているので。まだほかほか状態で食べられたので、本店まで来たかいがあった。

さあ家に帰るぞ。
IMG_12620031
お店を出ると気温は26度。布引観音では6度だったのにもうこんなに気温が上がっている。これは暑くなるぞ。ジャケットから風防インナーを外し、ベンチレーションも全開にして出発。ただ、結果からいうと気温はこれ以上上がらず、特に暑くもならず熱中症などにかかることもなく帰ることができた。

IMG_12630031i
帰りはほぼほぼ高速道路をただ走るだけなので退屈。ツーリングプランのエリアの関係上、自宅からかなり手前の高尾ICで降りたけど、高速を走るのも疲れるので却ってよかった。まだ午前中だったためか、高速道路は途中なんどか速度低下する場面はあったものの、渋滞というほどではなく。正午過ぎには帰宅することができた。



■リザルト
IMG_12640032
走行距離:699.4km
消費燃料:18.48L(給油回数5回)
平均燃費:37.8km/L

IMG_12630032
ODOは21,482km



horiemon_id at 21:18コメント(0)バイク |  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

おさーん