バイク用品

2016年08月06日

DSCN34800001a
CRF250Lのタイヤ交換をしてきた。
オンロード寄りの特性のDUNLOP D604にしてみた。
自分の使い方だと99%舗装路しか走らないし、ごくまれに砂利道を走るくらいならブロックタイヤでなくともいいのではと思って。


現状のタイヤの様子。
純正のIRC GP-21/GP-22。
DSCN34800001
リアタイヤGP-22。
例によってセンターのみの偏摩耗。端のブロックなんか新品同様でヒゲまで残っている。
センターの一番摩耗の進んでいるところで、山は残り2mm~3mmといったところ。

DSCN34810003
 現在の走行距離は11,775km。すっかりスリップサインが出るまではあと3,000kmくらい。少なくとも2,000kmは走れると思う。なのでリアタイヤは14,000kmくらい持つのかなと。
CBR1000RRの純正タイヤは20,000km持ったから、リッターバイクよりはるかに軽いオフ車の方がタイヤの寿命が短いというのは意外な感じ。まあアスファルトでの耐摩耗性はオンロード用とオフロード用のタイヤで違うのでしょう。

自分は本来スリップサインギリギリまで使う派だが、どうせなら路面温度の高い夏に交換したいと考え。また、タイヤの方もこのくらい使えば十分だろうと思い、今回交換に踏み切った。 
 続きを読む

horiemon_id at 20:27コメント(2)トラックバック(0) 

2015年10月10日

CBR1000RRのタイヤが前後ともスリップサインが出てきたので、タイヤ交換実施。
本当は路面温度の高い時期に行いたかったが、ショップに問い合わせるとメーカー取り寄せになるとのことで、今日まで長引いた。
ここのところCRFでばかりお出かけしていたのは、実はCBRのタイヤ温存のためだったり。

今まで履いていた、ブリヂストンのS20。
DSCN33270001
サイド部分は溝もくっきり残っているが、センター部分がやばい。
センター部分のみ偏磨耗しまくり。まあ真っ直ぐにしか走れない、バイクを傾けられない人なのでしかたないね。

DSCN33290002
フロントタイヤも同様。
センター部分はスリップサインとほぼ同じ高さまで削れているが、サイド部分はほとんど新品状態。
アマリングってレベルじゃない。

DSCN33300003
このときODOは19,559km
およそ2万キロ保ったのだから、結構長持ちするタイヤだったのかと。


で、交換後のタイヤ。
MICHELIN PILOT ROAD3。ツーリング指向のタイヤ。
DSCN33320004
リア。

DSCN33310003
フロント。
細かい溝が切ってあって、いかにも排水性能が高そう。

自分、SSだけどツーリングマシンとしてしか使っていないし。
ハイグリップ履かせても宝の持ち腐れ。
天気予報は晴れでも、不意に土砂降りに降られたことも何度か経験したし、排水性能の高いタイヤがよかろうと。

DSCN3335005
ミシュランのタイヤって、スリップサインを示すマークがビバンダムなのね。


んで、新品タイヤは滑るというのは常識。ショップからの帰り、ゆっくりとおっかなびっくり帰ってきたけど。
タイヤの違いって全然わからんね。乗り味だの、旋回性だの。まあスリップを恐れてビビって乗っているから全然バイク傾けていないので、それで旋回性がわかるわけもないのだけど。
まあ燃費の違いくらいは、今後数値として出てくるのかな。


今回タイヤ交換は、府中にあるレーシングマックスさんにお願いした。
交差点を一つ手前で曲がってしまったため、予約時間より到着が少し遅れたが、笑顔で出迎えてくれた。怒られるかと思っていたからほっ。
R20からレーシングマックスさんの店舗前に行くとき、時間帯によっては右折不可なので注意が必要ですな。
今回はタイヤ代金、廃タイヤ処理費、工賃となんやかんやで40,800円。
かなり安いのではないかと。専門店なのでタイヤもあれやこれやと選べるし。
ただし、カード払いにすると2,000円くらい上乗せされるとのこと。なので現金払いで会計してきた。
都内にはレーシングマックスさん他にもスピードスターだのテクニタップだのボンバーだの、有名店がたくさんあってうらやましい。
神奈川にはなぜないのか、二輪タイヤ専門店。あれ、これってひょっとしてビジネスチャンス?


horiemon_id at 16:14コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月13日

DSCN32520001
ここ最近、今まで使っていたGIVI箱E33では容量不足を感じていたので。
E33は購入から4年経過したし、そろそろ新しいものに買い換えてもいい頃合かと考えていた矢先、VENTURAラック破断などもあり、お財布的な事情で買い替えを保留。(そろそろタイヤ交換のタイミングでもあるし)
キジマの50Lボックスで代理運用してお茶を濁していたが、流石に50Lは大きすぎて中で荷物が暴れる。やはり普段使いに最適なサイズのボックスが必要だなと。

今回は奮発してホワイト塗装版を購入。無塗装版より5,000円程度高くなるが、自分のバイクが白なのでよくマッチしているかと。なお、今まで使っていたE33は無塗装だったが、4年間の使用の中で真夏の強烈な太陽・紫外線にさらされ、またときには強い雨に打たれたが、表面上これといった変化、劣化は見られなかった。無塗装版だからといって耐久性に劣るということはなさそうだと付記しておく。
続きを読む

horiemon_id at 18:19コメント(2)トラックバック(0) 

2015年07月12日

DSCN31920001
善光寺参りから帰ってきて。ガレージにバイクを戻したところで異常に気付く。
ラックの鋼管が破断して写真のような状態になっていた。一瞬事態が飲み込めなかった。
ラックおよびそれに取り付けられたGIVI箱は反対側のパイプ1本で支えられている状態。
これ、いつからこうなっていたのだろう? 高速道路を延々200km以上走ってきたけど、その途中で脱落しなくてよかった。

DSCN31960002
取り外してみたところ。右側が正常。左側の先端部分がぽっきりお逝きなさっている。

DSCN31940003
こんな鋼管がポッキリいくことがあるのだろうか。いやあったのだけど。
これマメに取り外してクラック等がないかチェックしていれば事前に兆候をつかむことができたのだろうか。
しかし2年ほど使っていたとは言え、2年で壊れるようでは強度が心許無い。
しかもこれ、買うと6,000円以上するのよね。
でもないと不便だし。新しいGIVI箱買おうかと計画していたけど、これはお金のやりくりを少し考え直さないとだな。


horiemon_id at 21:54コメント(4)トラックバック(0) 

2015年01月11日

DSCN31330001
なんか、転倒したことでヘンなスイッチが入ってしまったか、CRF250Lにナックルガードを取り付けてみた。
うん。なんかそれっぽい見た目になったぞ。まあなんちゃってレベルですけど。

買ったパーツはこの2つ。
DSCN31230002
ハンドガード取り付け用のステー。(参考価格:3,000円(税別))
バックミラーの根本に挟み込んで固定する金具。

DSCN31240003
ZETAのXC-pro。(参考価格:3,400円(税別))
川崎のラフロのお店で見かけて、これならCRF250Lにも簡単に取り付けられるんじゃね? と思い購入。

んで、取り付けてみた結果を端的に。
・取り付けは非常に簡単(必要工具:14mmスパナ、10mmレンチ、4mm六角棒レンチ)
・ボルト、ナット、ワッシャー類は付属パーツのみでOK
・走行風で多少揺れ動くが、不快なレベルの振動やバタつきはない
・風防効果が思いのほか高く、冬なのに指先がまったく寒くならない
・ハンドガードとレバー類の干渉、操作時の指の干渉はない

まあ見ての通り金具自体の強度も、取り付け強度もあってないようなものなので、本気でアタックするような人には見向きもされない(と思う)製品ですが。自分のようにドレスアップ目的ならいいんじゃないでしょうか。
比較的安価だし、ケーブル類の取り回しを気にしなくていいので取り付けもお手軽だし。

この時期、見た目だけでなく防寒用品としても大変に有効なことも嬉しいポイント。特にグリップヒーターと相性がいいらしく、これを取り付けて以来ポカポカ度が従来比50%UP。(個人の感想です)
直接風があたらないだけでこんなに差が出るとは。
取り付け角度は今後追い込む余地がありますが、久々によい買い物でした。


horiemon_id at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール