メンテナンス

2017年06月11日

DSCN35400001k
昨日電球切れに気がついた、CRF250Lのテールランプの電球交換を実施した。
昼の12時から作業を開始して、なんだかんだで終わったのが15時。3時間もかかったのか。ただ、自分は手順がわからず、参考となるWeb解説も見つけられず、全てが手探り。また電球の種類もわからず、実物を取り出して初めて規格を知って、それから替えの電球をホームセンターに買いに行きと。さらにさらに、自分のCRF250LはGIVI箱を付けるためにデイトナのウイングキャリアを装着している。何も装着していない人よりひと手間ふた手間多い。ついでに部品やネジ類を間違わないよう逐一デジカメで撮影してと。そりゃまあ3時間くらいかかるわな、という感じ。
恐らく必要な工具類が手元にあり、作業手順が頭に入っている手慣れた人なら20分もあれば終わる作業かと。とは言え20分ですよ。たかだか電球交換に。ちょっと整備性悪くないですかねえ、ホンダさん。

とりあえず必要と思われる工具を以下列記
 ・6角棒レンチ(5ミリ)
 ・6角棒レンチ(6ミリ)
 ・プラスドライバー(2番)
 ・プラスドライバー(3番)(たぶん)
 ・メガネレンチ(10ミリ)
 ・メガネレンチ(12ミリ)
 ・ソケットレンチ(10ミリ)

さて、作業開始。残念なことに軽くWebを漁った限りでは交換方法を解説したサイトは見つけられなかった。そしてサービスマニュアルなどという洒落たものは、もちろん持ち合わせていない。
さて、何事も観察から始まる。外せるネジはないか、はめ込み式のツメはないか。ジロジロを見まわした結果、このままでは打つ手なしということがわかった。やはりシートやカウルを取り外すしかなさそうだ。
シートやサイドカウルの取り外し方は説明書に書いてあるので、それを参考に。
なお、シートを取り外すにはフックボルトを外す必要がある。自分の場合はGIVI箱用のキャリアをつけている。シート一つ外すためにいちいちキャリアを取り外さなくてはならないとは。しかもこのキャリア、カラーとかついていて取り付けのとき苦労したんだよな。またあの面倒な作業をしなくてはならないのか。

DSCN35410001
シートとサイドカウルを取り外した状態。
シートは前側のフックボルトを外すと取り外せる。
サイドカウルはネジを一つ外し、後ろ側のグロメット留めを引き抜き、前側のツメ2箇所を折らないように慎重にスライドさせれば取り外せる。バッテリーにアクセスするためには左のサイドカウルを外す必要があるし、サイドカウルくらいは取り外し方を知っていて損はないだろう。

なお、サイドカウルを留めているスクリューだが。
DSCN35440003
右と左で形状が異なる。カラーが付いている方が右側用。
ここで必要となる工具
 ・六角棒レンチ(6mm)…フックボルト
 ・六角棒レンチ(5mm)…サイドカウル

続きを読む

horiemon_id at 15:35コメント(0) 
記事検索
livedoor プロフィール