CBR1000RR

2017年07月16日

ecijjhf77
この週末からスタートの二輪車限定首都圏ツーリングプランをさっそく使って茨城県内を観光してきた。

本来は日光方面を日月と一泊で観光する予定で、宿も取っていたが。天気予報を見ると月曜日は雨になっている。ということで泣く泣く宿をキャンセル。キャンセル料30%が地味に応える。でも折角の3連休なのだし、どこにも出かけないのももったいない。ということで茨城方面で気になっていたところを回ってきた。つうか結局月曜日天気晴れ予報に戻っているし。くっそう。

今日は5:45出発。偕楽園は9:00OPEN(※勘違い:実際は6:00OPEN)。以前大洗まで3時間だった。偕楽園は大洗より手前だが、高速道を降りてから少し距離があるしまあトントンといったところか。途中高速道路のSAでトイレ休憩したり一般道で道に迷ったりするかもしれないし、余裕をみて3時間半前、5:30に出ればいいだろう。と準備していたものの、なんやかんや遅れ5:45出発と。

んが、走っているとどうも早く着きすぎる予感。2時間強くらいで着いちゃうぞ? とトラックの後ろについてペースを落として走行。そういや前に大洗に行ったときって、常磐道が初めてだったから途中全部のSA、PAに止まる勢いで立ち寄っていたっけ。だから時間かかったのか。マズいな、こりゃ早く着きすぎてしまうぞ。水戸に着いてからも時間があるので水戸駅前まで行ってみたりして時間調整。そんなこんなで偕楽園の駐車場着は8:30。

DSC034030001
駐車場。広い。第1から第3まであって全て無料。

DSC034050002
で、案内板。ここで勘違いに気が付く。偕楽園って6:00開場じゃねーか。しかも無料だと!? 9:00OPENで有料なのって偕楽園の中にある好文亭なのか。だったら時間調整せずにさっさと来るんだった。さらに重ねて思い違いしていたが、偕楽園って梅園がメインでいわゆる日本庭園はないのな。なので梅の季節でない今訪れてもイマイチ面白みがない。その為か三連休だというのに園内は人もまばら。


気を取り直して散策開始。
DSC034060005
太郎杉。伊豆にも太郎杉ってあったな。杉って太郎と名付けらるものなのか。

DSC034110006
吐玉泉。水質は安全だが、いちおう飲用不可らしい。

P71600020003

P71600010004
ドラマチックトーンでも。

続きを読む

horiemon_id at 23:00コメント(0) 

2017年06月24日

P62400270001
シャトレーゼ大好き! ケーキに焼き菓子、和菓子、アイスとお菓子全般なんでも取り扱っていて、なおかつお値段手頃。庶民の味方なシャトレーゼは度々利用している。そんなシャトレーゼも工場見学を実施していると知り。当然無料。そして予約不要。さらにはアイス食べ放題! これはいつか行かねばと以前より考えており。ついにそのときが来た、ということでシャトレーゼの白州工場に表敬訪問。

実のところ今日行くかどうかはかなり迷った。7月から二輪車限定の首都圏高速道路定額プランがスタートするわけで。であれば、7月以降にそのプランを利用して行った方がいいのではないかと。しかし、7月以降に確実に行けるかどうかというと、未来のことはわからない。休みの日に雨が降ったり、天気は良くても別の用事があったり。そう考えると、やはり確実に行けるタイミングで行っておくべきだろうと。ということで本日決行。
ただ、目前に定額サービスが始まると知っていながら高速道路を使うのはなんだか悔しいのでオール下道で。東京方面から来た場合、勝沼より先のR20の渋滞っぷりに辟易しており、回避ルートはないものか試したかったところだし。

今日は4時起き5時出発。シャトレーゼまでは、下道オンリーとはいえ3時間も見れば十分か。OPENが9時だから、8時着だと1時間余る。まあそうなったら付近の道を走ってくればいいやと出発。市内の道路脇温度計は18度。少し涼しい。5時だともうすっかり明るい。夏至を過ぎたばかりだからか。

P62400270001w
とうことでまずは笛吹・甲府あたりのR20迂回を。
結果からいうと失敗。渋滞はないが、信号ストップが多く遅々として進まない。これなら素直にR20の渋滞に巻き込まれてノロノロ進んだ法が、結果的に早く進んだと思う。

P62400270001ww
途中R20を横切り、釜無川を越えたあたりからはスイスイ。特に県道<12>は信号ストップもなく気持ちよく移動できた。ただ、ここまでくるとR20も空いているのでわざわざ県道<12>を使う意味はない。

P62400040002
県道<607>にて。

P62400050003
道は直線基調で交通量はほぼゼロ。

続きを読む

horiemon_id at 21:50コメント(0) 

2017年06月10日

P61000500001
千葉県のポイントで、ずっと前から気になっていたものを一気にかたつけるべく遠征してきた。

先週はCBR1000RRで出掛けたので、今回はCRF250Lで出陣しようと。平日仕事を終え帰宅してから少しずつルート確認を進め。土曜の本日、朝4時起きで準備し、トップボックスに荷物を詰め込み、ライディング装備に身を包み、ヘルメットを装着。いざ出発! そのまえに乗車前点検しなきゃ。ブ・タ・ト・燃料っと。チェックしていると、あれ? 変だな、ブレーキ掛けてもブレーキランプがつかないぞ? 前ブレーキも後ろブレーキも同じ。いや、ていうかそもそもテールランプが点いていないじゃん! おい、どうすんだこれ。流石にブレーキランプ切れを無視することはできないぞ。恐らくヒューズではないと思う。ヒューズ切れだとテールランプだけでなくウィンカーとかまとめて点かなくなると思う。きちんと調べていないのでなんですけど。
さてほんとどうしよう。もちろん予備の電球の買い置きなどない。ホームセンターやカー用品店で買ってくるにしても、現在朝の5時。店が開いているはずもなく。かといって店が開く時間まで待って、電球を交換してからでは出発が昼過ぎになってしまう。そもそもこれ、どうやって電球交換するんだ? 改めてしげしげとテールランプ周りを見るが。どこにも交換用の開け口、蓋状のものが見えない。おいなんだこれ、ほんとどうやって交換するんだ?
DSCN35400001k
一旦部屋に戻りネットで検索するも、ヒットするのは「LED化」だの「フェンダーレス化」のみ。単純な「ブレーキランプの交換」は見つけられず。一つ分かったことは、仮に手元に交換用の電球があったとしても、そう簡単に交換できるものではなさそうだということ。恐らく今の自分の手持ちの工具では足りない。

これ、無理だな。・・・出掛けるのやめるか? 取りやめが一瞬頭をよぎるが。いやいや、今日の為に事前にコツコツ下調べをしたり、今日も朝早起きして準備を整えたのに。それに今日は折角天気がいい。もう梅雨に入ったから、今日を逃せば来週は雨でバイクに乗れないかもしれない。幸いバイクはもう一台ある! よし、CBRで行くぞ! と急きょマシンチェンジでの出発。なんだかんだで遅れに遅れ、出発は5時40分となった。時間が遅くなったのでアクアラインは入口で大渋滞。トンネル区間もノロノロで水温はあっという間に100度超え。海上の橋区間に出ると涼しくすぐにエンジンは冷えたが、例によって横風が強く怖かった。

DSCN35400001g

P61000020002
鋸山の駐車場着は07:40。持ってきたおにぎりで腹ごしらえして、タブレットでこの後のルート確認をしていると開山時間の08:00。出発が遅れたけど逆に時間的にはちょうどよかった。当初は時間が余るようなら、マザー牧場の方を経由したりして、わざと遠回りして時間調整しようと思っていたのだが。

P61000030003
駐車場は無料。だが、日本寺の敷地内に入るため拝観料600円が必要。まあこれが実質駐車料金みたいなものか。当初はロープウェイで山頂までと考えていたが。その場合ロープウェイ料金と拝観料の両方が必要になるのでやめた。ただ、この無料駐車場からだと、山頂展望台までそれなりに階段を上る必要がある。なお、体力があれば別ルート、車力道コースから登山するといろいろ見て回れていいと思う。

続きを読む

horiemon_id at 21:34コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月03日

P60301410001
本当は泊りでどこかに行きたかったが。天気予報では明日の日曜日も晴れ予報だが、ちょっと大気の状態が不安定だと言っているし。出先で雨に降られたくないので日帰りプランで。先週フロントフォークのメンテが終わったCBR1000RRのシェイクダウンも兼ねて。

ずっと気になっていた浜松市の竜ヶ岩洞の見学に。ついでなので少し浜名湖も見て。どうせなら放置されていたルート1の旅も進めてみようかと。

P60300040002
ということでまずはR1の旅。R1を起点の日本橋から終点の梅田新道まで行こうという企画。ただし一気走破ではなく、区間区間に区切ってののんびりチャレンジ。
前回は2015/1/10に静岡市の『二軒家』の交差点まで来てサスペンド。今回はここからレジュームとなる。今日は3時起き4時出発で。ここに到着時点で6時20分。出発時、家の近くの道路脇の温度計は13度の表示。寒い。で、ここまで来てだいぶ気温も上がってきて19度。暑くなってくる前にと中の一枚脱いだら寒かった。そしてトイレに行きたい! ということで目に付いたコンビニに駆け込んだが。そのすぐ先に道の駅やパーキングエリアがあって、無理にコンビニに入ることもなかった。

P60301490090dd
今回はかなり進んだ。100km以上走ったかと。R1はほとんどの区間がバイパス化されており、一気に進むことが出来る。ただ流れが速すぎて怖い。周りの車、普通に100km/hくらい出している。バイパスだけど一般道でしょここ。バイパス化されていない区間では信号ごとに止まりノロノロ。

P60300080003
そんなこんなで、浜名湖のファミリーマートで今回は終了。次回はここから再開、と言いたいところだが、十中八九、この続きをチャレンジする機会はないだろうな。残念至極。

続きを読む

horiemon_id at 21:35コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月27日

P52100030001uyi
CBR1000RRの右フロントフォークからのオイル漏れトラブル。
お店より修理完了の連絡があったので、奥秩父の林道ツーのあと引き取ってきた。 

状況やら感想らやらをとりとめなくつらつらと。

まずお店に持ち込んだとき、店舗スタッフが言うには右だけでなく左も漏れがあるという。確かに言われて思い出したが、少し前からシリンダーに薄っすらと油膜が張られていた。「こういうものだろう」となぜか根拠もなく思い込んでおかしいとも思っていなかったが。そうか、あれが予兆だったのか。

で、自分なりに調べたところ、フロントフォークのオイル漏れ修理はだいたい27,000円くらいが相場らしい。CBR1000RRはフルカウルだからその分工賃が余計にかかるとして、まあ35,000円くらいかなと皮算用。しかして、お店側から提示された修理見積りは41,000円。ぐお、思っていたより高え! さらに通常は使いまわす『カラー』という部品が摩耗していた場合はそれも交換となり、左右合わせて4,000円ほど追加になるという。ぐぬぬ。しかし10万、15万であればさすがにストップするところだが、4万円であれば払えないこともない。もしかすると別の店、たとえば2りんかんなどに持ち込めばもう少し安い金額が提示されるかもしれない。でもバイク店ってバイクを売った売上よりも、こういうメンテナンスで利益を出しているとも聞くし。そう考えると、付き合いのあるバイク屋を応援するという意味でも、多少割高と感じてもお願いした方がよいかと思い。結局そのままバイクを預け修理を依頼。結局『カラー』は問題なしだったので追加費用はなく当初見積もりの41,000円の支払いとなった。

バイク屋から説明を受けたが、フロントフォークのオイル漏れは珍しくないトラブルらしい。シールがゴム製なので、経年劣化で硬くなってくる。また、フロントフォークは伸びたり縮んだりするものなので、長く乗っているとシールが摩耗してどうしてもオイル漏れが起こるという。なるほど。説明に不自然なものはなく、スッキリと理解できる。ただ、だとするとバイク乗りにとってはごく普通に遭遇する、それこそタイヤ交換やブレーキパッド交換と同レベルの頻度で起こりそうなトラブルないしはメンテナンスに思えるが。そこまで誰も彼も経験しているイメージがないのが不思議。

修理後、バイク引き渡し時に「交換後はオイルが固いので少し乗り味が変わります」との説明を受ける。ふーん、そんなものなのか。ちなみにまったく違いはわかりませんでした。また、「右のブレーキディスクにオイルが付着していたので脱脂しておきました」「ディスクの放熱穴などにかなり付着していました」とのこと。これを聞いた時にはちょっとぞっとした。ブレーキにオイルが付着したら止まらなくなるじゃん。まあCBR1000RRはダブルディスクだから片側が生きていればなんとか平気なのだろうけど。そうか、フロントフォークのオイル漏れが起きたら、その辺も疑ってブレーキディスクにオイルの付着がないかもチェックしないといけなかったんだな。今後は気を付けよう。

だいたんこんな感じ。意外と早く修理されたので、来週末天気が良ければCBR1000RRでお出かけできそう。


horiemon_id at 23:25コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール