VTR250

2013年09月16日

CBR1000RRに乗り換えて早8ヶ月、距離にして6,000km。
この新しいバイクにもだいぶ慣れてきて、最初の印象とどう変わったのかという所を。
本当は半年とか5,000kmとかキリのよいところでやるつもりだったのだけど、時間がなくて。
また、ついでに前のバイクであるVTR250についても少しふれておこうかと。


で、ファーストインプレッションの自分メモを見返しつつ。

■まず姿勢
最初は前傾姿勢がコワイ、キツイ、と感じたのだが、慣れたのですかね。長時間乗ってもキツイと感じなくなりました。
そういや、初めてVTR250に乗ったときも前傾がキツイと感じたな。
バイクは基本的にニーグリップで体を固定、上体はゆる~く、だと思うけど、コイツは前傾がキツイから体重を支えるためにどうしても腕に力が入ってしまう。そういう面で、やはり乗りにくいバイクだと思う。

■セパハン
ハの字のハンドル。横幅が短いのですり抜けなんかは凄く楽。けどメリットはそのくらい。
力入れにくいし、操作し難いし。Uターンなどは、その前傾姿勢もあってかなり苦手。未だに上手く出来ん。

■発進時のエンスト
これは今でもたまにやる。乗り始めに比べれば回数は減ったけど。
クラッチ繋ぐのがヘタだから、アクセル強めに開ければいいんだろうけど。発進時にイチイチふかすのもなぁ。とは言え、CB1100なんかに比べ下のトルクが細いのは明らか。

■アイドル回転数
買ったときはエンジン始動後しばらく回転数が高い状態が続いたが、最近は直ぐに回転数が落ち着くようになった。なので、「アイドルなのにスピード出すぎ!」という思いはしなくなった。そもそも半クラで速度調整すればいいだけだし。これはホント慣れの問題だった。

■シフトチェンジ
これはホント、サクサクと切り替わり気持ちがいい。
実は納車日にUターン中にコケ、それ以降少しだけシフトが渋くなった気がするけど、それでもサクサク。シフトミスとか全く起こらない。
2気筒に比べ4気筒はシフトがサクサクと聞いたことがあるけど、そういう事なのかな。ますます自分の中の4気筒株が上がっていく。

■ブレーキ
納車当初はリアブレーキの弱さにびっくりしたが。やはりアタリが付いたのか最近はそこそこの制動力を見せる。前ブレーキは強すぎてカックンになるので、最近はやたらリアブレーキを多様している。
つかブレーキダスト出すぎ。1回走るとダストでホイールがドロドロ。パッドの減りも早そうだな。レース走行するわけじゃないから、もう少しパッドの寿命の長いものに替えたい。
幸いなことに(?)ABSが作動するようなハードブレーキングをするような事態には遭遇していない。なのでABSについての感想はなし。

■スピードとギアポジション
2速→20km台、3速→30km台といった感じでシフトチェンジしている。なので最近では一般道でも6速に入れることもある。最初は「一般道で4速以上使うことあるのかよ?」と思ったけど、これも結局慣れだった。

■パワーとかスピードとか
普通ですね。普通。リッターSSと言えど、普通に走る分には普通です。1速でガバ開けとかすればどうなのか知りませんが、普通に乗っている分には普通ですよ。パワーがあり過ぎてコワイとか飛び出しそうとか、そんなことは全然無い。加速にしても、1速2速ならともかく、5速6速からだと「もっさ~」としか加速しないし。で、1速2速なら250でもアクセルの動きに連動して加速するし、別に排気量が大きいからといって変わらんなぁと。

■高速巡航性
高速巡航性は最高です。非常に安定しています。やっぱりカウルがあるからなのか?
250だと100kmも出すと風圧が凄く、常に「前輪が浮き上がるのではないか?」という恐怖感が付きまとうが、これはまったくそんな恐怖は感じない。いつもと同じ調子で180km巡航可能。(※ドイツでの話です)
まあドイツの話はともかく、100km/hで安定して走れるのは凄い。不安定さは微塵も感じない。高速道路を走る機会が多い人にはいいと思います。

■冷却性能
夏場だと、街中を40km/hくらいで走っていると水温は100度を軽く超えてくる。これ、冷却性能が全然追いついていないのでは。もう少し強化してはどうか。
右足のくるぶしからふくらはぎ辺りに熱風が吹きつけられてくるんだよな。どこから来る熱なのか? 左足は全然平気なのだけど。あと、上半身にも特に熱気は来ない。
しかしこの熱、冬は別に暖房代わりにはならないという。一体冬は、この熱どこに消えるの?
ちなみに水温が100度を超えると、エンジンの熱でタンク内のガソリンが気化するのか、信号停止中などガソリン臭が漂う。なんか精神衛生上よくないんだよね、コレ。ガソリンも無駄に減っているんだろうし。エンジンとタンクの間に断熱材とか仕込まれていなのかしら? だとすればそういう措置をしたいのだけど。

■尻痛
やはり、長距離を乗り続けると痛くなってくる。
自分は純正オプションのコンフォートシートに換装済みなのだけど。それでもやっぱり長時間だと痛みが出てくる。まあ適度に休憩する目安になるし、別にいいのだけど。

■タイヤ
6,000km走るも、まだ溝は全然残っている。つかセンターしか減らないし。ちょっと恥ずかしい。

■スキッドパッド
あってよかったスキッドパッド。Uターンゴケ、立ちゴケと左右それぞれ倒したけど、スキッドバッドのおかげでカウルやマフラーに軽微なキズが出来た程度で済んだ。なので特に修理はしていない。
これがスキッドパッドがなかったとするとどれ程の被害になっていたことやら。
見た目の問題もあろうかと思うが、少しでも立ちこけの不安がある人は付けて損はないかと。

■燃費
街中だと大体16km/L~18km/L。郊外や高速メインだと20km/Lといった所。1000ccだし、まあこんなものかなと思っている。まれに23km/Lとかそれ以上の報告を出している人はなんなの? エコタイヤでも履いているの?

ついでだから残量警告について。このバイクの燃料タンクは17L。先日はじめて燃料の残量警告が出てから給油したが、給油量はおよそ13Lだった。逆算すると、残量警告が出た時点でタンク内にはまだ4L程度残っていることになる。街乗りで悪くてもリッター16kmは走るから、残量警告が出てもそこから64kmは進める計算。余程の山奥にでも居ない限り、途中でガス欠になることはないかと。個人的には、警告はもう少し遅めでもいいかと。

■不具合?
燃料の残量警告が出たあと、トリップAが勝手にリセットされた。ネットで調べるとNC700でも同様の事象が起きているみたいなので、ホンダのその辺りの制御コードの問題なんでしょうな。
自分は残量警告が出たあとに給油した場合、トリップAを自動でリセットするモードにセットしているので、それも関係しているのかも知れん。

■対車
250乗っていたときから変わらん。
相変わらず軽自動車は無茶な追い抜きをしてくる。なんとかならんのかね、軽自動車。つうか軽自動車のドライバーのマナーの悪さ。きちんと車線変更しないで脇をギリギリで抜けていくのって、8割方軽自動車。残りはコンパクトカー。まれにベンツ。


まあ大体こんなところか。ハンドリングだのサスペンションだのはわからんのでコメントなし。
あとは以前の愛車、VTR250について少し。
続きを読む

horiemon_id at 14:03コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール